負け犬の日々

負け犬sazのチラ裏日記です。過度な期待はしないでください。 アニメ、漫画、ゲーム等の情報を主に扱う予定です。

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ソラノヲト第9話『台風一過・虚像ト実像』

脚本:吉野弘幸 絵コンテ:青井小夜 演出:青井小夜
作画監督:野田康行

あらすじ

クレハの憧れの人・クラウス。
彼はかつて「砂漠の狼」と呼ばれた伝説的な戦車乗りだったそうです。

台風で立ち往生し、砦に留まることになったクラウスとの会話に胸を弾ませるクレハでしたが、そこに飛び込んできたのは、教会の孤児・セイヤが行方不明になったという知らせでした。

大荒れの天気のなかセイヤを捜すために立ち上がった小隊メンバーたち。
はたして、無事セイヤを見つけ出すことができるのでしょうか……。



畑仕事をしつつクレハは両親のことを誇らしげに話し始めます。
最初はただの自慢話かと思いましたが、最後まで見てちょっと悲しくなりました。その理由は後ほど・・・。
そしてカナタは前回の最後の電話からどこか塞ぎこんでいるリオを心配します。

story09_01.jpg

前回の最後にかかってきた電話の相手はどうやらリオの父親だったみたいです。
何か事情があるのかリオはそのことで上の空な状態。時折思い出すあの金髪の女性と関係あるのかな。
そんなリオの元へクラウスが筒みたいなものを届けにきました。リオはそれを受け取るのを躊躇います。外が台風でクラウスを待たせることが出来ないのでフィリシアがクラウスに留っていってもらうことを提案します。

story09_02.jpg

クレハはクラウスが留っていくことに大喜びで常にクラウスにベッタリ。
しかしそこに教会のユミナが飛び込んできます。どうやらセイヤが台風の中いなくなってしまったみたいです。
皆でセイヤを探すことにするとセイヤは畑でナスを守っていることが判明。急いでクレハはセイヤのもとへ向かいます。
story09_03.jpg

どうにかセイヤに接触することができたクレハですが、セイヤはナスが気になるようで帰りたくない様子。
そんなセイヤをクレハは抱きしめ言います。

「親がいない子は普通の子よりしっかりしてなきゃいけないの。皆に迷惑かけたらやっぱりって言われるの。あんた達のお姉ちゃんもね・・・・・。私も孤児だから分かるの。」


あれ・・・・・冒頭で言ってたことは・・・・。


その後、セイヤは無事に救出され一段落かと思いきや地盤が崩れクレハとクラウスだけ取り残されてしまいます。
川の向こうからそれを心配そうに眺めるカナタでしたが、クラウスは凄い人なので大丈夫だと信じていました。しかしリオとフィリシアからそれは誤解だと言うことを聞かされます。
どうやらクラウスはその容姿が似ていた事からクレハにクラウスだと勘違いされ口下手だったために正体を言う事が出来なかったのです。ハードルあげられちゃうと言い出しにくいよね・・・。

一方取り残されたクレハとクラウスの近くの地盤がどんどん崩れていきます。その反動で普通の人間のクラウスは恐怖で震えそうになりますが、クレハが期待しているのを見て、その期待を壊す方が恐ろしいと思うようになります。
ノエルは川の反対側からタケミカヅチを使いロープを放射することで救出を試みますが地盤が脆く崩れてしまいまました。その反動でバランスを崩したクレハはクラウスの胸にあるはずのタトゥーがない事、自分が勘違いをしていた事に気づいてしまいました。
クラウスはなんとかタケミカヅチから放たれたロープを掴む事ができましたが、クレハは掴む事が出来ず川へ放りだされてしまいます。クラウスはどうにか腕を伸ばしてクレハを捕えようとしますが恐怖がそれを邪魔します。

タケミカヅチがロープを引き終えるとそこにはクレハを片手で抱えているクラウスの姿がありました。クラウスは助かったら自分の正体を言おうと決意していたらしくクレハに語りかけようとしますが・・・。

「やっぱりアナタは私の憧れの人です。」

クラウスの胸にタトゥーがない事を知り、クラウスは本物ではないと分かったクレハでしたが、自分を命がけで守ってくれたクラウスはやっぱりクレハにとっての憧れの人でした。


次回、第10話『旅立チ・初雪ノ頃』
脚本:吉野弘幸 絵コンテ:鎌倉由実 演出:藤本ジ朗
作画監督:関口雅浩

軍事年鑑のあるページを開き、
どこか塞ぎ込んだ様子のリオは、ずっと悩み続けていました。
自分のすべきこと、
自分にできることとは一体なんなのか……。

そんなリオを心配するカナタでしたが、
うまく言葉を伝えられません。

それぞれがもどかしい気持ちを抱きながら過ごす冬の始めに出会った、一人の老婆。
彼女の生き様は、リオに大きな影響を与えることになるのです――。



最近リアルが忙しくて思うように更新の時間が取れません。なので記事の感覚が空いてしまう事が多いですが見て頂ければ嬉しいです。
リンクは常に募集しています。更新の時間が取れる時にまとめて処理しますのでコメントに書き込んでください。
よろしくお願いします。




スポンサーサイト

| 未分類 | 16:18 | comments:2 | trackbacks:6 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。